読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

ユーリ!!! on ICEで見る寝取られ萌え-もうゴール〔イン〕していいよね-

ユーリオンアイスは、世界ランク1位のヴィクトル・ニキフォロフ
日本の勝生勇利選手のコーチになって二人三脚で頑張るんだけど
何か仲良すぎない?
みたいなスケートのアニメなんですけど、

私が話題にする位なので勿論寝取られ要素があります。

軸となるのはヴィクトルと勇利。
ヴィクトルは世界で一番スケートが上手いロシアの英雄、
勇利も国内選手で一強と、共に人気の高い人物同士という影響力の時点で期待が持てますが、
それに留まらず色々な視点で多面的な寝取られが楽しめます。 

勇利面は王道な清楚売りスターの熱愛?発覚で、
純粋に、花や草に生まれたいという気持ちにさせてくれます。
カレー屋で美味しいカレー出てくるみたいな、職人の腕がもろに出ますね。

こっちの世界の視聴者と違い、あっちの世界のオタは勇利のモノローグや私生活を観られませんから、
テレビで観る度に距離近くなるヴィクトルと勇利には一層もやもやしたでしょう。
羨ましい…。

実際にパーフェクト童貞である勇利ですから、オタなんて特に清純性を期待したのではないでしょうか。

 

ヴィクトルは勇利の影響で自身が変化しており、単に推しが他の奴の事好きになった、取られたでは留まりません。
泣きゲー的な、世界観に寝取られたような面を感じさせられます。
メインキャラ間で変化をつけているのはとても良いですね!

勇利はヴィクトルとの触れ合いでスケートに影響が出ても、リンクを降りたらビービー泣いたり本質が変わったようには見えません。

 

対して、ニキフォロフスケートも性質もビフォーアフターで別人です。

f:id:mecuso:20170502195018j:plain

これが

f:id:mecuso:20170502195036j:plain

これかい…即堕ち2コマ漫画かよ

えみつんコピペの人だって細胞入れ替わるのに5年かかるっていってたのに、ここまで数か月ですよ?

 

「ボクの彼女はガテン系」のように唐突に時間が経過してガテン系から美容師に転職とかではなく〔未だに根にもつ〕確実に勇利とのボーイミーツボーイによって、そのままの自分を押し通さずに勇利の事を考えるようになっている。

f:id:mecuso:20170505001140j:plain

ボクの彼女はガテン系

 

泣きゲー、所謂ヒロインがどんなに選択肢頑張ってもTRUEエンドで死んでしまうゲームジャンルがあります。
恋人が死ぬ、つまり運命に取られるの、他の異性に取られるのは手に入らないマゾヒズムという点で共通しますが、
別人化というのもこれに相当すると思います。

 

まず、ヴィクトルのスケート。
1話と12話〔勇利の会う前後〕で同名の曲で演技をしますが、歌詞や印象が違います。
まあ、違いますっていっても私イタリア語?全然分からないんですけど違うらしいです。
前は「リア充殺すぞ」みたいな歌詞で潔い程のどや顔、まるでギリシャ彫刻。

f:id:mecuso:20170502195517j:plain
最終話は「離れずにそばにいてねハート」みたいな歌詞でほとんど痴漢。

f:id:mecuso:20170502195526j:plain


ロシア国民は1話までの「天才は孤独だ…」みたいなスケートに慣れ親しんでいただろうに、
帰国したら「俺満たされてる~デレデレ」ってなってるんでしょ。
ショックじゃない?

視聴者からしたら、ニキフォロフ割と序盤から勇利にデレデレだからデレフォルフの方が通常モードに感じるだろうけど、
ロシアの人たちからしたら27年かっこいい王者イメージだったのに8か月で痴漢スケート激動すぎませんか?

勇利はヴィクトルと会った後も、SPはエロスで冒険しつつもFPは従来の清純路線もこなすのと差別化されています。

 

性格も、視聴者は勇利視点でヴィクトルに会った時から観るから、「気さくなメダリストだな~」って、元々フランクな人だと思わせられるんですけど、
ヴィクトル視点回観ると、勇利相手以外だとそうでもない。

f:id:mecuso:20170502201509j:plain

可愛い教え子には特別デレデレってだけじゃん!

勇利が寝とる間に12歳年下の恋敵の顎砕きにかかる27歳。勇利視点だと優しいので視聴者気づきませんでした。どんだけ暗躍しとんねん。

 

2話の「ダスビターニャ…チュッ☆」も、
あの時点のヤコフって人類中で1番か2番位に好きそうだから例外なんですよね。

キス魔なわけじゃない、ミスリード完全食らいました。

そのヤコフ相手が勇利前の最大デレだとして、そのヤコフ相手でさえ勇利に比べるとクールです。
ヴィクトル、ヤコフ相手にはいなして振り回している感じ、クリス相手は仲良い友人って感じで大分まともな大人です。

何年もこのヴィクトル観てきて、
8か月の間に公衆の面前でひっつきまくってキスしたり泣いたりするのを観たら相当色ボケに感じる筈です。
前から付き合っていたとかならまだしも突然ですし。

カメラない所でも勇利にパンツ穿かせて貰ったり、引退するって言われてブチギレたり、1話で勇利からテレビで観るニキフォルフはパブリックイメージでガチ本性ではなのかもしれないけど、
それにしてもイメージと違いすぎます。

 

単に異国の教え子ラブになった!取られた!だけでも心苦しいですが、
もう1話の、孤独だからこそセクシーニキフォルフには会えないと思うと更に胸の痛みが増します。
寝取られの醍醐味ですね!

 

厄介なのは、別に悪い変化でもないので文句も言いにくいんです。

f:id:mecuso:20170502195705j:plain

私は1話のギリシャ彫刻イメージのニキフォルフめちゃ格好良くて好きなので、
正直早々と腑抜けたのは少し残念です。

ですが、だからといって私もあんなに勇利大好きで勇利もニキフォロフ大好きなのに引き離そうとは思わない…。

 

11話で勇利がSP失敗して本人落ち込むのを、勇利肩抱きながら「自分は勇利に何ができるんだろう?」って考えるニキフォロフ
回想で雪舞うベンチで愛犬抱いて一人で頑張るつもりの時より、
ガチでコーチ業にモチベ出たニキフォロフは人間が充実したのが顕著で、
良かった良かったってさすがの私も思います。

 

勇利もコーチしてほしいしヴィクトルもコーチしたくて2人でいる方が楽しくて強いんだからいいじゃん、というのは承知ですが、
そうはいっても1話のニキフォロフかっこよすぎでしょう???

27歳であんなピンク紫の王子様衣装着てどや顔で、まためちゃ似合っている。
180cmもあって27歳なのにピンクの王子様衣装着たギリシャ彫刻なんですよ??頭いかれてるでしょ〔?〕


あっ、でも9話の空港、通称月9のニキフォロフも好き❤

あんなかっこつけなのに、空港はえらいオーライしょぼくれてて可愛い

コートも隠密行動?てレベルに輝きを損なわせるじじくささ(どうみてもブルベなのにあの色…)

 

うーーーーん。じゃあ、クリス、ヤコフ、ユリオら辺といる時は普通テンションで1話に近いから、
勇利はたまに帰省してその時ニキフォロフ視点回をやるという方向でよろしくお願いしますね!

 

AIR ~Standard Edition~
AIR ~Standard Edition~
posted with amazlet at 17.05.01
KEY (2005-04-08)

①勝生勇利に関わるNTR

ヴィクトルに対抗〔ユリオ〕、勇利の幸せを願う〔アガペー音大の子、チェレスティーノ〕、スケート開花に好意的だがホモに戸惑う〔諸岡アナ、南君〕、肯定〔長谷津の人たち〕の勇利推し内での差別化が興味深い。


・勝生ファン
清純路線だった自推しが憧れのセクシーイケメンコーチにエロスを演らされてイメチェン成功。
テレビで観る度にコーチと距離が縮まってる。
決勝ではペアリングしてロシア入り。

勝生勇利の試合観たい気持ちと、観る度にイチャイチャ増しましになるの観たくない気持ちで揺れながら結局テレビ観ていたのだろう。

また、決勝SPでペアリング装備して、
翌日練習来なくて「あのコーチまさかSP失敗を過度に慰めているんじゃ…」と不安がっている所を、
FPでのあのよそよそしさ。

SP失敗の時点ではコーチ寄り添ってて仲悪くなかったのに何あった??ってななるわな。

ただ、あそこは視聴者も
「12話冒頭で勇利の肩押して暗転」→「翌日欠席」→「直前準備で、前の日激昂していたニキフォロフが申し訳なさそうで勇利の目が据わっている」→「ニキフォロフに触られて勇利がビクッ!」を観せられたにすぎない。

 

私からしたらレイ/プされたとしか思えないので、あっちの世界の人は何も知らない方が幸せかもしれない。

勇利にブチギレてたヴィクトルが、腫れ物に触るかのような送り出し、勇利のビクッ!からのドSリクエスト…

レ/イプじゃなかったら逆に何だろう?

私があれエロゲ脳すぎるのかな…でも普通に殴ったとか考えにくいし…ビクッにはお紅茶ふいてしまった

 

・ユリオ
経験不足ながら「ジャンプミスしまくりでも魅せるステップ」とか玄人な審美眼で目を付けていたのに、
元から憧れられていたヴィクトルに先を越される。

ただし、本人は宣戦布告して全然戦線離脱していないので正確には寝取られではない。
9話でヴィクトル寂しがる勇利には好物あげて慰めて優しいのに、
10話で勇利から指輪貰ったヴィクトルを蹴りあげる様は視聴者から観ると明らかダブルスタンダードで微笑ましい。〔まあ蹴るのはよくないけど〕

期では寝取りを期待する。

指輪時点でTRUEエンド入ってない事を見抜いたり、ヴィクトルの競技復帰で勇利引退まで考えが至る作品随一の勇利勘は最優秀クラス
最終話でもヴィクトルより先に勇利に気づいている。

ずっとロシアにいたのに何でそんなに勇利好きなんだっけ?私とは違うもの見えてるのかな?


・チャオチャオ
普通に良いコーチで勇利が心を閉ざしすぎているだけなのに、
バンケットという皆が集まる場で教え子にヴィクトルに求コーチされる。
契約後師弟でラブい電話、ヴィクトルの嫉妬。これはイラつく。

 

・音大の女の子
勇利の競技人生をテーマに曲依頼されてYurionICE作るなんて、音大の子は勇利がよほど好きとしか思えない。

この曲ヤバいかっこいいし、どんな天才でどんだけ勇利の事綺麗だと思ってるの?って。
勇利の事が好きなのに勇利の為に殆どヴィクトルと勇利ばっかの曲を作るなんて勇利への理解と愛情深すぎるぞ…(´;ω;`)

 

・ヴィクトル

教え子の引退も、自分はコーチやりたいのに手から離れようとするのは広義の意味で寝取られと言えなくもない。

ただ観鈴ちんの死亡、ヴィクトルが勇利好きすぎてクールさ薄れるというのが作品から与えられる運命のようなもので避けられないのに対し、

勇利の引退の意思は、おそらく同じ世界の住人の行動や状況によって変える事が可能な範囲に思える。

 

実際ヴィクトルは、自身の競技復帰、勇利に未練を感じされるようなユリオのFP、金メダル5個強要等フラグを全回収した事でTRUEエンドを迎えている。恐れ入った。


それでも、不安要素は尽きない。
10話で指輪を貰った事でTRUEエンド分岐したと皮算用したり、
11話で今まで散々面倒くさい目に遭わされた勇利の前で決勝前に他の選手を褒めてフラれる等隙がある。

 

本作で選手の前で他の選手を褒めるコーチはヴィクトルしかいない。

何人も抱えるヤコフも、ユーリの前ではユーリ、ギオルギーの前ではギオルギーと切り替えるし、

南くんとこのカナコ先生、南君が勇利君勇利君言っても全然勇利の話に乗らない。勇利の方が南くんよりもはるかに優れた選手なのに。

この、コーチとして未成熟な所で一波乱きそうではある。

 

・南健次郎

南君は国内選手で勇利に憧れている後輩。

より珍しいロシア人のヴィクトルがいるのに勇利君勇利君な南くんは強いから以前に勇利ファンなのだろう。完全勇利寄り。

 

本作は基本のストーリーに師弟の愛の物語があり、

他選手の順番でも彼らなりの愛の演技でヴィクトルと勇利の心情や現状を暗示・ミスリードという手法が頻繁に取られる。また勇利の演技で他選手が愛を感じ取ったりする。

つまり、愛をテーマに滑る選手が多いのだが、南君は特にそんな事はない。南君はエアギター。

すけーとの実力も及ばないし、多分他ライバル選手のような解説ポジションの役割から外れているのだろう。

そんな彼のヴィクトル後勇利SPに対する感想は、

「清潔な勇利君の魅力がエロスで最高の形で裏切られる」。

ヴィクトルが勇利の唇ふにふにしたり抱きしめたりする様にキャパオーバーして赤面して震える位愛に未成熟な癖に一丁前にエロスがどうこう言って可愛いな。

 

目の前で繰り広げられる援交みたいな2人組にたじろぎはするも、

勇利の「ヴィクトルヴィクトル」のモノローグを演技から受け取る程のスケートセンスないなりにエロスにやられている。

でも年齢同じくらいでLの理解まであと一歩なユリオみたいに怒ったりはしないんだね~

穏健派勇利推しと過激派勇利推し同担拒否の違いなのかな。

 

②ヴィクトル・ニキフォロフに関わるNTR

ニキフォロフファン
辛い。
ロシアの英雄が連覇中に突如休み取って日本の選手のコーチになった時点でもう完全にコーチの滑りになっている…って感じ〔?〕
何より辛いのは、ホームであるロシアで勝生に跪いて靴紐結ぶわ靴にキスするわの膝折まくり。
私、これ観たらもうロシア捨てられたと思うかも、勝生を取るのかよ泣!?って感じると思う。敢えてカメラまわってる所で見せつけた風だったし。

でも、あれだけ「俺は勇利のものです」アピールしておいて競技復帰できるのは顔のツラ厚すぎ。
さすが。イケメンは自分がかっこ悪い事してもかっこ悪いとは思わないんだろうな。

 

・ヤコフ
可憐なジュニア時代から見守っていた教え子ヴィーチャの好感度が8か月でその教え子に抜かれるの可哀想すぎ。
まあ、ヤコフはヴィーチャに対して独占欲はないだろうけど、それにしても…。
ロシア大会では本来の教え子ユリオもいるのに勝生の世話任されて、ヤコフ超包容力。

 

追い打ちかけるのはユリオまで勇利が好き。

ヴィーチャは勇利と暮らして同じ目標目指してるからまだわかるけど、ロシアでテレビ越しで思い募られるユリオは想定外すぎるでしょ。ヤコフやっぱり可哀想。

 

・クリス
ファイナルで、クリスはヴィクトルや勇利の事を考えながら滑っているのに、ヴィクトルは勇利が記録更新して逆転にはしゃいでろくに見ていない所が可哀想。

 

・クリスのコーチ
クリスが最終話でニキフォロフに妬くあまりジャンプ失敗するのを、プルプルしながら見るコーチが可哀想。NTRの2次災害。

 

ユーリ!!! on ICE 5 [Blu-ray]
ユーリ!!! on ICE 5 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.05.01
エイベックス・ピクチャーズ (2017-04-28)
売り上げランキング: 109
飯田圭織写真集 かおりKAORI圭織。
新津保 建秀
ワニブックス
売り上げランキング: 647,033