読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョベリバ

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

今日からヒットマン、ヌキ挿し自由のメイド穴ー第2、第3のあだち充ー

イマイチ盛り上がらないけど時間が余っていたら読んでもいいかな位の面白さの漫画で私も所々しか知りませんが、
ラーメン屋で読んだ最新巻は割と良かったです。

今日からヒットマン (30) (ニチブンコミックス)
むとう ひろし
日本文芸社 (2015-02-19)
売り上げランキング: 308

少年漫画みたく、ムカつく強い敵!修行!倒す!みたいな緩急ある話じゃなくて地味な本作。
その中で、他の作品に他の追随を許さない点はヒロインがみんな同じすぎる事です。

まず、主人公の奥さん美沙子さんは男を尻にしくタイプで茶髪で毛先はシャギー入れて巻いています。
で、ヒットマンをするきっかけになったちなつは、立場は不二子ちゃんで未亡人だからかメンヘラで、
そして茶髪で毛先はすいてて巻いているのです。

主人公は本妻の事好きなのにちなつにも惹かれしまう事、真面目に悩んでいますが、
私からするとどっちでも変わりないように見えます。

あまり出番ないならまだしも、ヒロイン達こそが主人公の行動の基準だから萌えないのは困ります。
主人公はヤクザの抗争勝敗自体は特に興味なく、ただ自分の嫁と不倫相手が死ななければいいとだけ考えています。

本妻は、キャラ薄いけど理想の普通嫁っていうか。割とありがちデザインで2次元にありがちなKカップとかじゃない適度な巨乳(D)で、
主人公がゴロゴロしてると怒ったり家事してくれたり、そういう普通の幸せをくれるキャラ良いと思う。美沙子さんは継続で可とします。

ちなつちゃんはもっと萌える感じにできないかなあ……。
彼女は、元は伝説のヒットマンが死ぬ間際に恋人のちなつを助けようとして主人公を揉め事に巻き込んだという元凶です。
以降も、トラブルに巻き込まれて、主人公が本職の営業の合間に命からがら助けるという、足引っ張り系?不二子ちゃん?そんな感じ。

本妻が安定感あるので、不倫相手は振り回し系というの自体はアリだと思います。
が、ちなつちゃんの価値低さ、所謂ちょろいんの資質と相性が悪いように感じますね。

不二子ちゃんは、ルパンを利用するだけして安全圏に逃げるという、高嶺の花系ヒロインなので振り回されて嬉しい。
ましてやあのスタイルですからね。
ちなつは見た目がギャルで軽そう+トラブルメーカーでお荷物+役に立たない+メンヘラビッチ気味と価値低い要素が多すぎます。
ギャルだけど超賢い、黒髪ロング処女だけどお荷物とか、もうちょい価値が欲しいところです。

というかちなつは全体的に掛け合が悪い…。
主人公に一途×脱ぎキャラ(他の男の前ですぐ裸になる)ってあんまりじゃない?
ちなつは全然気にしていないのがNTR的にも中途半端で微イライラさせるに留まるというか。
不倫相手だけど本妻をたてるという性格も、どうせならフルスロットルメンヘラで本妻を憎むタイプでも良かったんじゃないですかね?
美沙子とちなつは2人とも見た目が似ていて、2人もいらないからキャラ付けを優先して欲しかったな。

個人的に無茶苦茶違和感あるのは、変なパンツ履いている事です。
20代前半って一番素敵なパンツを履く時期ですよ?
生きてきた中で、初めて十分な経済力を得る年齢です。
小遣い制の高校生時代は安いパンツしか買えなかった、でも20代なら買える…!

これで30代以降なら、「女捨てたバリキャリ」とか「家事に追われる人妻」とか、
服装に構っていられないのも萌え属性になりえますが…

いやあ~やっぱり20代前半という女盛りにミニスカで、
中のパンツが白地に小黒ハート柄ってダメよ。

どうしてもダサいパンツにするなら、凄く貧乏で制服と学校指定ジャージ以外服持ってません…位のキャラつけをしないと納得dきません。

またこの巻、何か敵?の膝下でフェラしている女がいるのですが、それも嫁そっくり。
はじめ嫁が捕まった?とか思っちゃった。

そうはいっても他のタイプが出てくる時もあるのですが、
2パターン目は金髪ショートで爆乳で露出狂しかない。
でも2パターン目は割と変だけど可愛い女の子多いからあまり気にならないかな。
あのカタコト外国人が嫁で他の男と寝る大好き変態女と不倫の漫画の方が面白いと思います。

でもこの巻で一番面白いのは偽嫁フェラではなくて、チワワです。

敵迎撃をインスタント結成2人組で果たす時の会話なんですけど、
1人が自分は奴に因縁がある、復讐するみたいな話しだします。
もう1人は適当に流して聞いていたのですが、殺されたのがチワワだったと聞いた途端態度を激変させます。

許せん!みたいになって急に2人で結託してドラマチック展開…
ラストは買って確かめて見て下さい。そんなに置いてあるラーメン屋ないでしょうから。


カバーを見ただけでも、似たような女ばっかりなの分かると思います。
中身はモノクロなので、より似たようなのばっかになります。

オムニバスである筈の本書ですが、出てくるメイドのほとんどがロングスカートで黒~茶のロングヘアです。
さらにいえば性格は明るく主人公に一途なタイプが多いです。何か…お得じゃない気分なんです(>_<)

そもそも作者はメイドのどこが好きなのでしょうか?
メイド特化なのにメイドの良さがイマイチ伝わってきません。

単に「様付け萌え」とか「フリフリ衣装萌え」とかの延長でメイドでなくともいいとかでしょうか?
いや、真面目なメイドなら普通給仕に邪魔な髪は結ぶか切りますよね?
そもそも本書のメイドはこれといって家事するシーンがないからいいのかもしれないけれど…。

メイド特有の萌えといったらやはり「身分違い萌え」に尽きると思うのですが、本作は割と対等なメイド中心です。
「好きになったのがご主人様なんてどうしよう」みたいな葛藤はあまりありません。
雇われの身分を超えてご主人様についてきちゃった、みたいな話の時も、
身分の垣根が無くなった2人の変化~な話になるかと思ったら女装男に嫉妬とか超展開になるし。

全体的に家庭教師にメイド服着せた、ボディガードにメイド服着せたって感じでメイド萌えを感じません。

ただ、唯一正統派メイド萌えだと感じたのは、メイドを飼ったご主人様が所有物扱いして壊してしまう話です。
メイドさんはご主人様に惚れながらも、雇い主と認識し馴れ馴れしくはしてこない、
「ご主人様とデート夢みたい…☆」とかやっとメイドっぽいイベント来た!って感じですね。

雇い主の立場を利用して調教した後は恋愛感情を弄んで酷い事してってメイドっぽくて1番良い話だと思いました。
物語としても、予想つかない感じで面白かった。


まあ、個人的には元々あまりメイドとか好きじゃないけど…。