読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

後妻業感想‐みんなに望まれる欝エンド‐

  ※微ネタバレ注意!!

後妻業
後妻業
posted with amazlet at 15.02.08
黒川 博行
文藝春秋
売り上げランキング: 4,999


さて、本作は悪徳結婚相談所と結託して再婚しては夫を殺す、遺産で生計を立てている後妻業のプロである小夜子の物語です。
中盤でそれをネタに金をゆすろうとする探偵が登場して…という感じ。


小夜子はカモに絶対に惚れないし殺す事に動じない、

それでいてちゃんと何度も標的の男性も射止めている(約束していた家事せずに散財するのに!)エース後妻として描かれています

 

仕事ぶりは真面目だし実行力もあり冷静な状況判断もできる。
ハングリー精神が凄くて、今夫が何度息を吹き返そうと殺すし自分に来なかった分の遺産も諦めないし、
遺族から復讐されたこともないようです。
1回失敗した時は反省して謝罪。

私は後妻業は京都の筧氏の事件で初めて知ったので詳しくないですが、考えうる限りの全て後妻の才能を持っているのでは?
これでやっている事が真っ当なら小夜子は尊敬できる腕の良い職人と言えます。

 

その点さくら女史は、得た金額自体は小夜子に勝っていますが性格自体は向いていなさそうです。

【随時更新】百田尚樹「殉愛」は嘘だらけ!次々と暴かれる真実。たかじん未亡人さくらの正体とは? - NAVER まとめ

 

まず、遺産目当てなのに遺産目当てでないと皆に思われたいと私情を挟んだのはプロ意識に欠けます。

遺産目当てでないと証明するには相続を一切放棄する、これ以外ありません。
とはいっても遺産が全ての目的なのだからそんな事は勿論不可能ですよね。本末転倒じゃないですか(´Д` )
だから、遺産目当てと思われずに遺産を得る事は出来ない。

 

さくら女史が重婚、4?5回?の離婚歴、金庫の金着服、整形、名前や経歴詐称等などマイナスイメージが明るみに出たのは、
言うまでもなくテレビや百田先生による大々的なプラスイメージ戦略によるものです。

そんな事をしなければ、まあ有名人の妻という時点で関西では「遺産目当て」とは言われたでしょうが、
関東の私にまで犯罪者として名が届く事は無かったに違いありません。

 

別に遺産目当てで結婚する事自体は違法ではない。
しかし、事実をねじ曲げようと無理をすれば当然ほころびが出る、
にさくら女史は嘘が上手な人物ではないようなのです。

週刊誌読んだ時点で序盤と終盤で言っている事矛盾してよく分からないですが
結局末期ガン患者が妻がトイレ行っている間に東京から大阪に札束にリボンをまきに来て死後に初めて金庫を開けたけどその前にも開けたでいいの??)
記者によるとあれでもかなり頑張ってつじつまを合わせて書いたもので、インタビューは本当に二転三転してさっぱりだったとか…。


私もこのタイプなので超わかるのですが、うちらみたいなのは嘘つかない方がよくない?年上なのにわからないなんて(^O^)

逆にここまで稀代の悪妻として名を轟かせてしまいました。


これが小夜子なら、遺産貰って即トンズラこいた筈です。
また、彼女も頭が良い方ではないのですが、
本人も認識していて相談できる人を用意しているので即失敗には結びつきにくい

少なくともこんなに騒がれているのにたかじん氏の1番弟子に内容証明送って、
予想通りたかじん氏ファンから新たなヒール票買うという思惑とは逆の結末になる、という思慮にかけた行動はしないでしょう。
まあ客観的に考えれば普通分かりますからね!


だからまともで、善悪はともかく理解可能なストーリーなら後妻業に軍配が上がります。
そこがつまらなくもある。その点「やしきたかじん遺産騒動」はびっくり箱のように、
え?え?って思いがけない超展開でつい追いかけてしまう吸引力があります。

後妻業も面白いけど、フライデー(さくら氏独占インタビュー)も結構読む価値あるかなぁ…って。

 

※フライデーは家鋪さくらの手記+ご尊顔

FRIDAY (フライデー) 2014年 12/26号 [雑誌]
 
女性自身 2014年 12/30号 [雑誌]

光文社 (2014-12-16)


関西にやしきたかじんさんっていうタレントが有名で、病床で30歳年下の奥様を娶って直後亡くなった事は知っていました。
事実だけ聞いて一般論として「病気のお爺さん芸能人と結婚って遺産目当てなんだね」とだけ思いました。

金スマも見ました。VTR見てマジ胡散臭~って思ったけど著作再現V見て泣き出す百田尚樹氏はス、スゴイネ…って感じでした。
何にでも騙されて、KAGEROU☆彡買ってた母ちゃんでさえ「金欲しさやな」って名推理してましたもん。

 

まさか、いざその殉愛の内容が、さくら氏側の証言を丸呑みしてたかじん前妻娘を一方的に悪者に仕上げたものであるとは…
肝心の介護も、病院は完全看護の所だし、
たかじん氏が書いたというノートの筆跡はどう見てもさくら氏、しかも百田氏お抱えの「鑑定人」という謎の人に鑑定を依頼。
鑑定士じゃなくて?てかそんなのワープロで打てばいいやんwwwww

さくら夫人自身はというと、独身と偽っての不倫の状態でたかじん氏と重婚で30代でありながら多数の離婚歴あり、
自称ネイリストなのにサロンに通っているし(看護中の筈の時期に水商売隠すし(お爺さんと結婚って時点で水疑われるのに必死に隠す事か?)、


その上数ヶ月間という超短期妻でありながら2~3億円の遺産では不満で、
百田氏と寄付先に相続放棄を強要、たかじん氏実子の会社を乗っ取る、「金庫の2億を自分のものという事にして欲しい」発言…すげえ!!

凄いよ、皆もっと凄がるべきじゃない?そんなにヤク○の友達

とかいる人いないでしょ?
モルヒネで朦朧とする夫(?)に遺言の言質取るのも、やはり普通の人には出来ないと思う。そんなの痛々しくて無理無理(>_<)

 

バレバレの嘘をつく事もだけど、他人を傷つけるの全く気にならないようなのがヤバい!

娘が「お父さんとの思い出を壊さないで」って泣いてるのに。凄くない?

インタビューでも、自分が可哀想って事しか言わないし。娘はおろか、夫のたかじん氏の心情を伺う事もないんだよね。自分が何キロ痩せたとかそんな話。

 

しかし、後妻という職業は金に貪欲でないとならないみたいですね。

小夜子もさくら氏も前妻の実子に相続が行くという至極当然の事にむちゃくちゃ抵抗します。

私はすぐ5千万欲しいとか脈着言うけど、彼女等を目の当たりにすると自分は全然大金を手にする器ではないってよく分かります。

 

反社会性人格障害、通称サイコパス

(自分の利益や理念等が他人より優先する人格の事。例えばポアとかよく分からない哲学の為に人を犠牲にする)がよく億万長者になるといいますからね。

きみはなぜ働くか。(日経ビジネス人文庫)
渡邉 美樹
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 103,749
運が悪くってよかった!―たかの友梨自伝
 
たかの 友梨
IN通信社
売り上げランキング: 74,322