読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

黒子のバスケBlue-ray/DVD8巻 特典CD+tipoff感想

黒子のバスケ

黒子のバスケ 8 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-02-22)
売り上げランキング: 42
○特典CD 相田リコ編
リコたんが料理を木吉先輩と主将に毒見係させる話。
冷静に考えると、自分の料理が何度も友人を意識不明にさせる不味さと分かっていてまず最初に味見させるとか
ぶっ飛ばしたいのですが、
リコたんだと何故だか可愛い。何だかんだ可愛かったです

○オリジナル22・5話 tip-off
専用のエンディング差し替え、エンドカード有り(帝光中)
原作シーン+α(試合+練習+紹介ページにあったコンビニで黄瀬君にたかる、モデル撮影等)って感じです。

ツンツン瀬君超超可愛い〜ヤベぇwwww
黒子っちへ敵意むき出し、一応認めているレギュラー陣にも心の中で超色々思ってるwwwうへぇww
小説の方が脚本という事で、小説みたいな綺麗な黄瀬君だったらどうしようかと心配していましたが、
ちゃんとクソ生意気で要らぬ心配でした!
通常主人公の黒子っちがミステリアスなので、正直な黄瀬君視点の話は新鮮で面白かったです。

1話分よりちょっぴり短めなせいか、黄瀬君が黒子っちを見直すまでがやたらと短く感じましたが、
凄く立ち直りの早いシャララ☆彡ガムシャラ人だってわかりやすく良かったのではないかと思います。
アニメ全般においての傾向ですが、
コミック版原作で表現をうやむやにした所をはっきり描いている面が顕著だったような気がします。

以下ネタバレ


○チップオフネタバレ
2軍練習試合の野次が凄くレベルアップしていたのが良かったです。
顔も全員おっさんみたいだし、並んだ瞬間からすげぇ飛ばしてきます。
でもしょぼい奴が怪我しないよう助言はしてくれる。

・ひったくり
転んださつきを気にかけている青峰君、
でも元はといえば青峰君がさつきの隣にいるテツを庇ったから、さつきが転んだように見えるのですが…。
まぁ、轢かれるのに比べたら転ぶ位って話ですけど。何となくさつきの方が死ななそうだし。

でもこのメンツ、怪我しても一番血液多そうな紫原君がO型って事は血に事欠く事は無さそうですね。
どっちにせよ紫以外は自分と同じ血液型の人がいるんだし。

・っち付け呼び
作中で皆をクン付けしていて、最後に黒子っち呼びして終わり。
レギュラー陣で一番最初に尊敬したのは黒子っちなんですね。
その前に幼子に言い聞かせるように微笑む黒子っちがあるだけに、
黒子っちの嫌そうな顔が大変扇情的です。
黄瀬君の最後の笑顔には、バスケ好きになれそうで良かったね!って思わされました。

・中学練習
シュート外したりボール取られたりして先輩?らしき人達に超怒られてるテツが超可愛かった〜〜。
高校の先輩達はあんまり怒らないから良いもの観た気分です。

・皆の黒子クン観
黄瀬君に黒子クンについて聞かれて自分との相性を語りだす緑間君に笑いました。どう使えってんだ、そんな情報!
紫原君曰く黒ちんは「いい人」で「レギュラーが相応しいかは分からない」
黒ちん「でも」とつける位結構好きそうですけど、それは他の人達と違ってバスケに対する実力とはあまり関係ないようですね。

・テツの良さ?お前には教えてやんねー峰
青と黄が言い争っている張本人の位置が原作に比べて明らかに近づいています。
テツ君も黄瀬君に馬鹿にされた時こっち見てるし!
ただ、青峰君がテツはすげーけどどこかは教えてやんねーみたいな事を言い出したらあっち向いちゃう。
脚の開き狭ぇ〜それ柔軟じゃないだろうwww

・桃井さんのテツ君への反応
黄瀬君が一軍に入った直後(その日?)テツ君からアイスの当たり棒を貰って喜んでる桃井さん…。
桃井さんが言っていた惚れたきっかけでは黄瀬君が黒子っちに好意的っぽかったのでそちらの方が後かと思いますが、
この時点で隣で歩いてる時頬染めてたり、惚れかけに見えます。

もし原作で回想シーンがなければ、ちょっと気になってた所アイスの棒貰って完堕ちしたのかなって思う所ですが、
原作で「はぁ?アイスの棒?」って感じだったので、正直以前に当たり棒貰った事あるというのは矛盾しています。
ただ、個人的には突っ込まれるだろう事わかっていながら桃井→黒子シーン入れてくれてありがとうという気持ちです。

・身長差
何か全体的に身長差が緩和されているような…
紫原君、青峰君はでけーって印象(パープルなんかドアよりでけぇ)ですが、黄瀬君は青峰君と同じ位なのに少し低い感じがします。
桃井さんとテツ君の身長差の無さ可愛い〜。中学生位だと女の子の方が大きいもんね。

・赤司君
3回もギュンってこっち見てくるの怖かったでござる…。

○特典CD
木吉+日向コンビでリコたんの料理を火神+黒子コンビに思い出を語り、ラストでまた試食する事になるのですが、
後輩達も巻き込んでくれた方が私得だったなー。
面白かったけどほぼ相木日の3人、しかもカントクの料理の毒見という事で目新しい展開もなく、5巻程の爆発力は無かったかも…。