読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

黒子のバスケアニメ版火神考察‐相棒がヒーローvs相棒がヒロイン‐

黒子のバスケ 8 [Blu-ray]
価格:
バンダイビジュアル(2013-02-22)
売り上げランキング: 249
黒子のバスケ2期決定嬉しいです。超気持ちいい!
2期はどんな感じになるのでしょうか。
アニメ版とコミック版〔原作〕だと所々違う所があるけど、
特に火神君関連が結構改変あるのが気になります

原作の火神君は、アニメ1期部分ではまだ態度がツン寄りで、立場としては主人公の目標を補助する引き立て役で主人公の言動を受け変えられる方、
つまりヒロインポジションですが、
アニメ版だと、対黒子シーンで笑顔が増えていたりとより頼もしく、ヒーローっぽい描かれ方されていた印象です。
対火神の黒子君の表情も笑顔が増えている所から、主人公に対する影響力がより強いと予想されます。

特筆したいのは最終話で黒子っち前にして火神君が宣言する「俺たちの…」「いや俺とお前のバスケ」と言い直す所。

多分スタッフは思ったのでしょうね…「火神君が下位互換先輩達に信頼おきすぎるのは不自然ではないか?火黒コンビだけいればいいのでは?」って。
そういう原作の?な部分がアニメではしばしば改変されていて、
全体的にストーリーが自然になっていた気がします
(先輩盲目的に大好きな方が火神君っぽい気するけどな)

黄瀬君の「火神を黒子っちの今の光とするなら青峰は…」〔うろ覚え〕が
火神っち、青峰っちになっていたのも大きな変更点だった気がする。

敵っぽい感情を抱く時は愛称で呼ばないのは、黄瀬君の二面性をよく表している場面かと私は思うのですが、
アニメの脚本書いた人は誤植かと思ったのでしょうね

以下ネタバレ含みます。
原作の火神君は性格も性質も物凄く都合の良い登場人物です。
黒子っちを活躍させたい時は大人しく〔兄貴による逆ブーストという理由をわざわざつけるのが偉い〕、
対桐皇のように黒子っちが天敵に囲まれてる時は超元気、
一番最後逆転させるのは黒子っちですが、それまでの最終的な帳尻合わせは基本かがみんという、主人公の目標を達成させる為にいる登場人物です。

性格も、初期に才能が無いからお前バスケ止めろとか言ってたのに、
数か月で無駄な努力は無いとか言い出して上着持ってくる包容力の膨張率。
それでもアニメみんと黒子っちは元々開始時点で態度が柔和だったけど、原作みんのデレはもっと急だもんね。
テツもあれやで、原作初期だとアニメみたいな聖母笑顔で見守ってないで。

いや、それでも黒子っちにだけデレるだけならわかります。黒子っちはバスケ技術、精神共に力になっていますから。
でも大して役に立たない下位互換先輩達にもデレデレなのは正直さっぱりです。
何故身内には言いなりみん?
「俺とお前のバスケ」という台詞はアニメスタッフが?と思った所を納得いくように修正した結果かなーって思いました

元々あまりツンじゃなくて、実際に自分を支えてくれる人によりデレるアニメみん
まともにはなったけど、そうなると話が大きく変わってくると思うんだな。
だって黒子のバスケって黒子君の力だけじゃ証明できるもんじゃないもの。
誠凛ブーストでやる気出してくれないと困るよね。
これを黒子限定のブーストにしたとするとストーリーがガラッと変わると思うからどうするのかなって思います。

あと火神君は、2号のペロペーロをカットしたのどうするんだろう…?
あれが無いアニメみんは2号の事苦手なままだよね

めくそ、アニメスタッフの最大の功績は2号の出番を前倒した事だと思うけど、
犬押しならあそこは削らないで欲しかった…。

逆に犬押しなのはわかるけど海常対桐皇戦の黄瀬+黒子エンカウトで、
原作だと意味不明な理由で外歩いてた黒子っちを、犬の散歩という尤もな理由にして欲しくなかった…。
あれも「ジュース買いに行って数秒で逸れて外出るの変じゃね?」って思われたのだろうけど、
私はあれ黄瀬君にわざわざ会いにいったんじゃないかと思うんだけど…
えー行き詰ってそうな教え子が心配になったんだよあれはー

そういう意味深な所を2期ではあまり変えないで欲しいかな。
海常戦で黒子厨の台詞足されてた位だから黄瀬君押しなのだろうに何故…不思議です。