読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

黒子のバスケ20話感想-俺のチーム眼鏡ばっか/俺のチームなんて2人-

雨降って地固まり回でしたね!
描写が原作と結構違っていたのが印象的でした。詳細はネタバレなので畳むとして、またそれと同時に
主将が黒子君殴る所で何度も一時停止した回でした。神回だったね!

原作より回転ついてる気がするよ!というか頬をぶったたいてない?
良いですね〜、この殴られ慣れていない感がたまりません。

主将好きです。
先輩組って、C先輩は・キセキたん達に因縁有・チームメイト大好き・パス回し・状況判断能力〔百戦錬磨でしたたか〕等共通点が多い黒子君の事気にかけている風だし
〔黒子君もマッハでデレてた〕、
鷲の目先輩も何故か黒子贔屓だし、
水戸部先輩は後輩思いデレデレだし、皆後輩、特に黒子君に甘い気がします〔火神君よりミニマムだから?〕
主将は黒子君を普通にドツく先輩なのが良いアクセントになっていると思います。
10cm以上差がある小さい後輩とか、やっぱり普通は中々暴力振るいにくいだろうに余裕でぶっ叩くの体育系!眼鏡なのに!

あとED差し替えが夢いっぱいだった。

黄瀬君が緑間君の腕を掴んでいるのは十中八九黒子っちと同じ緑色のくじ目当てかと思いますが、
〔冷静に考えると一枚の絵で見る者に同じ事思わせる黄瀬君のキャラクターは強烈すぎ
お前、緑間君が赤チームで主将〔誠凛の〕も赤チームじゃ眼鏡ばっかりになっちゃうだろう…。

多分黄瀬君がスルーしてる所から高尾君も赤チームだろうから鷹の目力で二人分位の視力稼ぐかもしれないけど、
それでもまだ眼鏡は残ってるし…〔腹黒眼鏡先輩〕
眼鏡関係なくしても主将と黄瀬君の組み合わせは面白そうです。
プッツン眼鏡先輩は絶対に他校のエースという遠慮無に黄瀬君ウザがってドツくと思う
というか今にもドツきそう。

これは全部で12人?PGが4人でCが1人の絶妙なバランスですが、ポジション考慮なしで完全くじでチーム分けするんですかねぇ…?
〔そもそもバスケするとは決まってないけど〕

○めくその予想
1:赤色:黄瀬君、主将、腹黒眼鏡、笠松先輩、高尾君
※希少価値の薄い眼鏡、PG系を敢えて集めた役割がかぶり過ぎチーム〔後ろで笠松先輩と腹黒先輩が話している=同じチーム?予想から〕
2:?色:木吉先輩、火神君、青峰君、桜井君、鷲の目先輩
※残りを羅列したら下位互換先輩が日の目を見れそうな位パワーバランスが崩れた怖いチーム
3:緑色:緑間君、黒子君
2人余ってしまったチーム

対緑チームはマッチ太郎さんは火神君がはたいて、透明少年の呼吸に耳を済まして、
で、黒子君はアイコンタクトする相手が1人なんだから緑間君を皆で凝視すれば楽勝だな。
対赤チームは眼鏡を叩き落すvs守る闘いになりそうです。

リコたんと桃井さんは何じゃんけんだろう?
負けて悔しがる/勝って嬉しがる様子からグッパーじゃなさそうです。
テツ君以外敵なしな桃井さんがテツ君チームに付けば無敵そうですけれど、
2人じゃさすがに…。

青峰君の顔はやっぱり怖い。
だって前ヤクザの心理術みたいな本で言ってた。顔を近づける事は相手をビビらせるのに大いに効果があります、って。
めちゃめちゃ怒ってるけど何したの?

以下詳細含むネタバレです。

私は原作だとこの回って一年コンビの関係性がガラッと変わったイメージだったのですが、
アニメだと既に結構出来上がっている〔バスケ的な意味で〕というか、再認識したという感じ?
アニメテツはクールだよな〜。

原作の火神君が完璧シリアスモードになるのは「火神君はキセキたん達とは違うよ」って話になってからなのに対して、
アニメではQ:何故火神君を選んだの?A:誰でも良かった。の問いから既にマジ聴きモードに入っていました。
ほぼ直立不動で表情の変化も乏しくなっています。

「何で俺を〜」を問いかける時の火神君、原作だと本当に黒子君の執着を訝しがっているような様子でした。
黒子君が火神君を利用しようとしていた事を予想ついたみたいに言ってはいますけど、
表情を見るにどう見てもいい顔はしていません

背を向けてボールを拾いにいってるのは、黒子君の言葉で彼に対する思い入れが減ったからなのか、強固な信頼関係を築けていなかったショック受けているのを紛らわそうとしているのか分かりませんが、
とにかく全然真剣に聞いていません

ただ、「火神君は違います」からは、火神君の表情が分かるコマが少ないので推測ですが、少なくともその希少なコマでは言葉を噛み締めて聴いている様子に見えます。
主将が言っていた通りなら「現チームの一員として強くなりたい」という話は正しく火神君が黒子君に対して期待していた答えなので、
こちらの話の方が興味を惹いたのだと思います。

黒子君の表情も中々クールor遠くで見えないから、原作の必死さからアンニュイ崩した、という印象はほぼ感じられません。
対キセキブルーの「諦めたらそこで試合終了」〔うろ覚え〕の時も、
あそこかなり重要なシーンなのに原作準拠の死にそうな顔じゃなかったし、
アニメ版はあまり表情変えない方向で行くんですかね?
笑顔はアニメ版の方が、微笑みというレベルを超えて笑っているような気がします。

この回のNG集、おちょくってる黒子君はDVDに入らないかしら…。

来週は合宿回ですね!
黒子君の「トイレどこ?」〔=現在漏れそう〕発言が光る、めくそのような変態にとっては大注目話で楽しみです!

トイレの話をしよう 〜世界65億人が抱える大問題
価格:
大沢 章子
日本放送出版協会(2009-09)
売り上げランキング: 39617