読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

黒子のバスケ感想3キセキ−耳を澄ませば(透明少年の呼吸に)−

黒子のバスケ

黒子のバスケ 2 [DVD]
黒子のバスケ 2 [DVD]
posted with あまなつ on 2012.08.12
価格:
バンダイビジュアル(2012-08-24)
売り上げランキング: 83
帝光中学って黒子君の為に創設されたのでしょうか?
あのユニフォーム、黒子君に着用される為に生まれてきたかのようなデザインですね。爽やか色ユニの透明少年可愛いわー。
黒子君に合わせたせいか、他の子達は高校より似合ってない印象です。
特に悪人顔ガングロでかい青峰君、魔王赤司君みたいな爽やかさ薄めの人が着られている感でいっぱいです。
ギャルゲみたいな白ブレザーも凄いね。しるここぼしたら翌日は欠席?

桃井さん好きだねー、桃ちんいる時といない時だとわくわくが全然違ッス!
紫原君も好きなんですけど、二人ともバスケ選手としてでない黒子君が好きな子達なんですよね。作品にはあまりいないね。

桃井さんはさり気に優しくて格好いい所が好きだからバスケしてる姿もカコイイ!の100%テツ厨でそれが可愛い。
紫原君と黒子君のバスケ観では相容れないけど普段は仲良し〔氷室君とか赤司君みたいな保父属性?というか面倒見てくれる人が好きなんじゃない?〕って関係も好きだな。

他のキャラは、例えば緑間君は逆に「本人は気に食わないけど実力は認めてやる」というパープルたんとは逆タイプ、
黄瀬君はこっちこっち言って〔自称〕一番仲良しだったけど、結局彼の何を一番評価しているかといったら「バスケ観が自分と似ていてかつ先を行っている+自分が光タイプだしコピーできないからキセキ中で黒子の力が一番欲しい」

火神君は一番黒子君の人間性<バスケ選手に見えます
自分がキセキに苦戦してる時にすっ飛んでくる黒子君に、プレイヤーとしては完全に不可欠な存在として信頼してると思うけど、
日常生活で大事な友達かといったらそうでもなさそう。黒子君が部活辞めたら重要度減りそう。
黒子君は自分のピンチに引っ張り上げてくれる火神君の事日常でも友達と思ってそうですけど。

ここが新旧の光で一番くらいに違う所に思えます。
青峰君とテツ君バスケ以外では何も合わないらしいのにキャラブックで互いに一番仲良い人にあげてて超仲良しそう。
個人的には逆上せた黒子君介抱するの面倒くさがったり、気絶した火神君を足から引きずったりする位で丁度いいな。
回想の青黒コンビは微笑ましいけど、あれ主体の漫画だったらあてられそう

つっても火神君、初期は黒子君に暴力振るわれてやり返してたけど、もうやられっ放しで、
着実にアイスを服の中に突っ込まれても普通に会話し出す道を歩んでると思うわ…。

以下ネタバレ含む感想です。

・青峰君
鼻くそなすりつけてきたり、耳クソ穿ったり、小便したり、伝説のエースなのに汚れイメージが強いですね。
ただ、私それ以上に凄く変態だと感じます。

例えば、黒子君のドライブを破る秘訣が呼吸を感じとる…
そりゃ試合ですからゼェゼェ言っていたでしょうね。黒子君がハァハァ言っているのに耳を澄ましている所を想像すると変態なのではないか?と疑ってしまいます。

特にあのコマは体格差が凄いのが変態くさい。
悪人面で鬼身長でガングロという高校生離れしたルックスのキセキブルーが、
色白で女子より若干高め位の背丈でノー力こぶというキセキブラックに襲い掛かってるのがまた変態じみています。
これで相手が火神君とかだったら球技に見えるのでしょうが、青峰君が行うと誘拐犯です。

温泉でのぼせている黒子君にポカリを渡すシーンもそうです。
自販に無いのに気づいた火神君が買いに行った後ポカリ持って現れる青峰君に今でもポカンです。めくそ読解力ないかな?
何故青峰君は黒子君がポカリを欲しがっている事が分かったのでしょうか?

二人の会話を盗み聞きして、火神君が去った後先回りして調達して現れたのならそれは変態だし、
ノーヒントでテツの欲しがりそうな物が分かるのならそれはより変態です。疑っている場合ではありません。
テツに呼ばれて桃井さんを置いてきてたし〔その後桃井さん現れてたけど。さすが先読みDF〕やっぱり変態だわ

仲悪くなってからテツへの執着が増している気がします。
グレ前は健全に大好きな相棒!って感じだったのに〔小説版判断〕
高校入学後はもうテツが倒してくれる事をもの凄い期待してるテツ依存に感じる
そういえば淡すぎる光を捕まえたテツを「不憫」だと言ったのも、愛でてる感じ?というか、とにかく嫌っている人に対する感情じゃないと思う。

めくそ、昔見限った相手なんだから対火神位馬鹿にした態度取られるかと予想したのですが全然、
出てこいよテツ、やっぱりテツがいないと全然違うな、感謝するぜテツ、お前の勝ちだテツ…
テツの勝ちだーイェーイ!…マークしてたの火神君じゃなかったっけ?

いや、確かにあの一戦は何より黒子君が「青峰君が笑ってプレイする所見たいな」って気持ちと青峰君のテツに対する期待が醍醐味で、
火神君の意義は黒子君のギザギザハートを回復させる事位でしたけど。
〔あの時の火神君超頼りがいあったよ〜、上着を黒子君にかけるのは彼氏かよ!ってツッコみたかったけど〕
火神君も青峰君個人もだけど、黒子君の執着に影響されてモチベーションが上がっている感じしたもの。
でも火神ガン無視には驚いちゃった。

同じ因縁の対決でも対黄瀬君だと普通に楽しんでいて、ドロドロした感じしませんが、
テツ戦はテツの事ばっか見てて心を抉る重い言葉責めして昼ドラみたいですよね。
「お前のパスを一番取ってきたのは誰だと思ってる〜」「何を!僕だって一緒に練習してきてですねー」ってどっちが相手の事よく知ってるか合戦も同然だったもん、あれ。
だから青vs黄の試合の方が人気投票順位が良いんでしょうね。普通に一番面白いからかな?

・桃ちん
そりゃ漫画だからなんでしょうけど、

水着の可愛い同級生が乳押し当ててきて反応しないのは心配だわ…。

互いといる時のキキララコンビは可愛くて大好きです!
桃井さんは、いつもの大人びた感じと王子様に恋するお姫様っぷりのギャップが萌えっ萌えっ☆
黒子君は、対女子〔しかもキセキ中一番本質が近く自分の事が好き〕の優しさが良いですね。

どこかで原作者が桃井さんが青峰君をどう思っているかも考えてる、みたいな事言っていた記憶があるんですが、
桃井さんって青峰君の事憎からず思ってるんですね。マジで危なっかしい幼なじみ位にしか思っていないのかと…。
でも黒子君よりはまだ付き合う可能性高いかもしれません。黒子君は自分と同じタイプ選ばなそうだし。
青峰君があまり桃井さんに興味なさそうですけどね。

・赤司君
黒子君視点で話を追う読者からすると、
大好きだけど上手くなれないバスケで活路を見出してくれた赤司君が王子様みたいに見えますね
あの時中1でしょ?「異質の才能を秘めているかも…」とか自分の事ばかりがスタンダート思想の中1が考える事かよ!

よく分からないけど「パスしかねーテツヤ駄目だよな」って青峰君に言ってて、誓いとかあの事件とか色々あったみたいですけど、
キセキ全員集合の時に呼んだ事、パスだけで無くなった黒子君にニヤニヤ嬉しそうな事から黒子君を完全に見限っている感じではなさそう…。
何となく赤司君は黒子君の感情の変化に気づきそうですけどね。

まだ出番少ないですが、身長が一般人並の割りに腕の筋肉が凄いのがマジ格好良い

大好きな火神君に襲い掛かる〔しかもそんなに悪い事してない〕という超逆鱗ポイントを突かれたのに逆らえない黒子君にドキドキ…。
その後火神君にすまなそうにしてるのが、恩人に強く出れない後ろめたさが見えてて興奮しますハァハァハァ…。

・黄瀬君
火神+黒子vs青峰のWC初戦で完全に誠凛押しだったのが可愛いよ…。
確かに練習試合で誠凛に負けたけど、桐皇なんかIH本戦でしかも覚醒したのに負けて自分も主将泣かされてるのにリベンジとか思わないんだーって、
あれ、ただ黒子君に共感して応援してるだけですよね。そういう単純な所が好き☆

笠松先輩とか、青峰っちとか火神っちとか〔緑間君はキャラブックで実は苦手という事が発覚したから省くね…〕、思い入れの強い人は結構いるようですが、
黒子君に対してはキャラを崩す位にデレッデレ☆ですよね。
教育係だっただけあって師匠みたいに思っているのでしょうか。

モノローグでも「っち」固定ですしね。「青峰が何たらなのを火神と黒子っちで〜」みたいな事思ってたよ。
確かにモノローグで呼び捨ては中々戦士?っぽくて萌えですが、
それでも黒子呼びは違和感ありますもんね。笠松先輩だって心の中で呼び捨てにはしないだろうし。

噛ませ犬で良チュートリアルな黄瀬君可愛い!
飲み込みが早いバスケが売りの彼ですが、精神もグングン飲み込んで成長している印象。
一応物語当初でも勝つのが全て、打倒青峰っちという思想を持っていたしょうですが、
負けまくってる内に段々洗練+凝縮されてヤンデレ臭も抜けています。
他5キセキ達は始めた時期が早かった為か、既にバスケ観に折り合いつけてる感じだったので、
物語の中で成長過程が展開される分思い入れが強くなります。

キセキの技をコピーできるってのは紫原君みたいに巨大化する事は出来るのでしょうか?
あっ、でも確か時間制限あったか…あの3m位ありそうなのがずっと構えているから脅威なのであって数分3mになっても意味ないかも。

あだ名のセンスは一番ない感じ。
ムラサキバラッチってなげー、何?回復系の呪文?

・紫原君
大きな子供可愛いよねー。

火神君や木吉先輩を一生懸命プレイしているからという理由で一発で嫌うのに、
いちいち挑発してくる黒子君の事は嫌いになれないのが子供っぽくて萌え。
枕詞に「いくら黒ちんでも」をつけたり、いざ黒子君が立ち向かってくると「怪我するよ」って呆れたりするのは、日常の友人関係を切り離せていない台詞だと感じます。
黒子君は紫原君の事「仲良いけど試合は別」って割り切ってる感じだけど…。

本編の貴重な日常接触、頭ぽんぽんも、お気にの玩具を愛でているようで可愛かったですが、
小説1のだらだら〜した会話が楽しかった。

挿絵の2mドレス姿似合ってて(オスカル黄瀬君もかわええ)最高なんですけど、
一般的には燕尾服姿の主人公を挿絵をするものではないかとは感じました。
(特にあれ桃井さん視点だから当然話的には黒子君の方が重要度高い筈だよね)
つまり両方挿絵欲しかった

さすがバスケ以外は全然気が合わないだけあって青峰君とはキャッキャしないんですね。
まぁ、青峰君はバスケで仲良いのも含めて「仲良し」と感じているのでしょうが、
黄瀬君は黒子っちと一番仲良いって言っていた割にはあまり仲良く無さそうです。

・緑間君
ツンデレってこうじゃないだろう…
冷たくされた後に優しくされるとより嬉しいという心理効果の事でしょう?
本人の前では辛くあたって高尾君が雑魚発言したらすかさず「俺の認めた男」「尊敬してる」とデレ発言。
それじゃ本人に通じないだろう…不器用な奴…。
報われてほしいけどそれじゃつまらないというジレンマに悩みます。

※正しいツンデレ
力を合わせるだけじゃ駄目だ→あいつに頼りっぱななしだったので俺自身強くなりたいんです…
バスケやる理由なんて人それぞれだろ、俺は別に→なりてぇじゃねえ、なるぞ!

練習でも気を抜かない、ラッキーアイテムを絶対に身に着ける等常にベストを尽くす姿勢は買いです。
そういや日向先輩の3Pの後の台詞、原作だと「人事を尽くしているのがよくわかるいいシュート」だったのが、
アニメだと「君らなりのいいシュート」になっていたのが結構残念でした。原作の方が好き。
前者の方が相手を認めている感じ出ているし、
その後コートぶった切りシュート撃つ事で「あーはいはい、凡人が人事を尽くしても意味ないっスね、どうもすみませんでした!」って投げやりな気分になれました。

チートスペックの筈なのに、フォームを崩されても決められるという上位互換ブルーが出てきてからは黄瀬君と同じポジション(噛ませ)になってきた気がします。
よく考えれば別にコートぶった切らなくても近くからいっぱい撃てばいいですからね!
パスだけだったの黒子君も(冷静に考えるとそれだけでも超凄いですが)、
最近はキセキを抜くわ、キセキの上からシュートを決めるわと使える子になってきてますもんね。主人公ってズルいよね…。
グリーンたんも黒子君がハァハァしてるのに耳を澄ませる位はしないとですね。

「あの事件」が何かは分からないけど、
黄瀬君と緑間君はどうも事情を知らない様子ですね。
黒子君は「信頼されなくなった」って言っていたけど上記二人は尊敬してるとまで言っていて、
その黒子君に勝手に去られたのは可哀想です…。
特に緑間君は黄瀬君みたいに直球で聞けるほど単純な作りしていないので、悶々としている感じが可哀想。
しかも負けるし!よりによって新しい光に

苦手なキセキたんをあげろと言っているのに火神と答えるの、それもあると思うんだ。

ちょ、男性用スか!