読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

2012年冬アニメ&春アニメ感想-可愛い子には退場させようの主張-

Fate/Zero二期第1話を観ました。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス(2012-03-07)
売り上げランキング: 291
キャスターの龍太郎追悼シーンが加わった事が良改変かと思います。
龍太郎との対話である種の救済を得ているキャスターにとって、彼は無二のパートナーの筈ですが、
原作では二人の別れは、ちょっとネタバレですが〔無印やってる人にはネタバレも何もないけど〕こう、うやむやになっています。
アニメだとキャスターがジャンヌ復活達成とは関係無に、龍太郎と絆を築いた事で救われているのかな、という印象を受けました。

あと、冬アニメは終わりましたね。
最終的に一番良かったと思うのはちはやふるかな。何故ならペルソナ4が最後で株下がったから。

いや、奈々子ちゃん生き返るのかよ!って。
そりゃぁ、奈々子ちゃんは可愛いから死んだら悲しいけど死んだら悲しいから死んで欲しいんじゃない。
死のうとどうでもいい人物が死んでも面白くないじゃない。
めくそ的に「死んだ人間が生き返る」は基本地雷なのでこの展開はとても残念でした。

めくそは娯楽は衝撃度が高めな方が好きなので、人気の高い登場人物の退場という展開は結構好きです。
例えば天元突破グレンラガン、あれは主要登場人物がガンガン死んで別に生き返りません。
おそらく視聴者にとって一番ショックだったのが序盤の兄貴死亡でしょうが、兄貴の人気がその悲劇所以なのも事実。
兄貴が死んだら嫌だけど、そんな惜しまれるような兄貴が死ぬから面白いのだと思います。
〔個人的にはニア退場の方が辛いけどな…あんなに頑張ったのに結ばれないの切ないよ…〕

ただ、そんなめくそですけど「今からでもいいから生き返ってくれないかな」と思う空想上のキャラクターが一人います。
めくそ、ガラスの仮面のマヤのお母さん〔北島春さん〕だけは生き返って欲しい…。

ガラスの仮面 48 (花とゆめCOMICS)
白泉社(2012-02-25)
売り上げランキング:
知らない方の為に説明しますが、彼女の死に方は酷すぎます。
女手一つで娘のマヤを養っていた春ですが、演劇の道を進もうとするマヤに反対した結果彼女に出て行かれてしまいます。
その後病に倒れ失業した彼女は、娘に会いたくて仕方がなくなります。
ですが彼女とマヤの再会を効果的に演出したかった事務所が、彼女をいったん軟禁。
我慢できなくなった彼女は脱走するのですが、失明していた為大怪我をしてしまいます。
結局そこらの映画館で娘の有志(見えてはいないけど)に感激し、本人には会えないままその場で死去。

これはさすがにキました…。
人気女優となった事で、女優業に反対していた母親と仲直り出来てハッピーエンドになるかと思ったらこの仕打ち。
この母ちゃんは凄く理解があるというわけではないけど十分良い母親で、女優業に反対していたのも「どうせ務まるわけないだろう」という、
つまり心配していたからこそ反対していたわけです。
娘がいなくなり、病の中で名声を聞いてから会いたい気持ちが膨れ上がっていく様子も描かれており、これはさすがに会わせてやれよ、と思いましたね…。

当然マヤは大ショックで母親の遺骨持ったまま動かなくなってしまい、
尊大な事務所の社長も産まれて初めての超後悔をしたそうです…。

この母親の死以外にも、ガラスの仮面は傾向と鬱展開が多い印象です。
作者様が明らか登場人物が作中で幸せに穏やかに暮らす事よりも、試練、事件に苦しみストーリーを盛り上げる事を優先させている感じ。
登場人物が話のコマって感じがします。

めくそも登場人物の仕事は自分が幸せになる事ではなく、
話を面白くする事だと思うので美内すずえさんの作風はとても好きです。…でも母ちゃんはやりすぎだろう…。

でもペルソナ4は改めて真エンド製作するそうですね。
わたしは原作やっていないので楽しみです!