読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

2011年夏アニメ暫定個人的ランキング-異国の友人が輪る日常セブン-

1位輪るピングドラム
2位:日常
2位夏目友人帳
4位セイクリッドセブン
5位:異国迷路のクロワーゼ
−−−−−−−おすすめできると言える壁−−−−−−−
6位アイドルマスター
7位まよチキ
−−−−−−−個人の趣味嗜好によりますの壁−−−−−−−
8位:青の祓魔師
9位:Tiger&BUNNY
10位BLOOD-C
11位神様のメモ帳
番外編:うたの☆プリンスさま♪

ピングドラムは、兄弟が妹を生き返らせた帽子の言いなりにピングドラムを探す話。
今期一番期待していた作品でしたが、今の所期待通りの出来だと思います。
謎に包まれたまま話が進むので面白いのかそうでもないかよくわからず、
キャラクターは萌えを喚起させる感じじゃないのですが、
ウテナや劇場版セーラームーンRのようなファンシーな映像が好きです。
幾腹監督のような作風の方ってあまりいないので貴重ですね。

日常は、ロボットや女子高生が主役のぶっ飛んだ非日常を日常と言い張る話。
単純に前期シュールアニメ枠のアリア、DOGDAYSが終わった事で浮かび上がってきたというのもありますが、
完全に意味不明<<シュールギャグに近い作風になり、面白さが分かりやすくなったのが順位上がった一番の原因。
毎回観ていますが、作画崩れがほぼ無いのは凄いです。欠点は値段が高い!

夏目友人帳は、妖怪を拘束する帳を受け継いだせいで化け物に襲われるけど猫?が助けてくれる話。
同位の日常やよく比較される百鬼夜行ほど面白いとは思わないのですが、無いと一週間生きるのが嫌になる癒しっぷりから二位にしました。
妖怪に襲われる男子高生、丸い猫、小さい妖怪…本当にこれ観ないと疲れが取れない。絶対に見逃さない。

セイクリッドセブンは、超能力?を持った登場人物が各々の事情で変身して闘う話。
王道アクションものの良作だと思います。
悪く言えば在り来たりですが、ウケるからこそポピュラーになっていくのであって、やっぱり望む展開してくれるのは心地よい。
同じ曜日のヒーローものでも変り種tiger&bunnyと爽快セイクリッドセブンで上手く差別化されています。
1回見たら続けて見てしまう位の水準を十分保っています。

3話で、OPに出てたいかにも事情有りそうなライバルキャラが可愛い僕っ娘連れ立って出てきた事だし、4話はバカだったし、しばらくは視聴継続です。
あとあのOP、主人公とヒロインが姫抱っこでラブラブなのが微笑ましい。早く本編でもラブくならないかな。

クロワーゼは日本人少女と奉公先のフランス人店主の話。
日本の番組なのに日本美化の作風でないのが興味深いです。
湯音ちゃんの、土下座、適当にあいづちをうつ、過剰な献身等の大和撫子的要素はフランスでは浮いていますね。
「成長物語」と謳っているのでこれから彼女は行いを改めていくのかと思います。

日本女性の究極モチーフがフランス色に染まる展開は、日本男児からすると寝取られ、
女性からしてもジェンダー教育受けている人が大半だろうからムカムカするでしょうねー。
しかも爽快でなく、微妙なマゾヒズムを与えてくるんだよなぁ…随分ニッチな所をついてきたな、と思います。
でも観ちゃう!
あ、ちなみにフランス人店主のクロードは良い奴で雰囲気はほんわか。エロいの期待すると裏切られます。

THE IDOLM@STER

アイドルマスターは、駆け出しのアイドルが沢山出てくる話。
1話のキャラ紹介で切ってしまった人は2話視聴推奨です。
2話では大量のヒロインの人となりをもう少し深くがーっと紹介します。
せっかくの全員で営業話なのに全員でステージにたつ展開にならなかった3話には少しがっかり…。
アイドルだけど売れないから屋台売り子、というシーン自体は良いですが最後は皆でアイドルやって欲しかったです。

まよチキ!は、ヒロインが男装して執事する話。
とても二番煎じ感が強い作品ですが、執事に男装したヒロインが可愛いからそれで良い。

TVアニメーション「青の祓魔師」公式サイト
青の祓魔師は、サタンの息子がエクソシストを目指す話。
当初数話で切ったのですが猫の使い魔が出てきてから視聴再開しました。
クロたんが出てくる週はもうちょい上位でも良いですが、出てこない週は最下位争うレベルなので中央値としてこの順位です。


TIGER&BUNNYは、ヒーローが犯罪者を逮捕する様をショービジネス化する話。
批判される要因として「ヒーローものと謳ったのにBLだった」「他ヒーローが踏み台」がよくあげられますが、
本作は「他ヒーローを踏み台にしてまでBLまがいのバディやるヒーローもの」というのが作風なのでは…?
〔騙ったのは駄目だが。構えてない所にBL来るから吐いちゃったよ!〕
問題はバディものとして稚拙な点。過程を描かず急に仲を進展させちゃ駄目!

ロボだの親の仇だのダークヒーローだの犯罪組織だの義父だのテロリストだのと敵を多く作りすぎて、話があっちこっちに飛ぶのも付いていき辛い。
料理は不味いが素材は面白い為、これから面白くならないかな…と希望を込めてこの順位です。


BLOOD-Cは、ファザコン女子高生が日本刀で化け物と闘う話。
クールな黒髪短髪、優しげな年上男性とどこかで見たCLAMPといった感じ。でもさくらの方が好きだな。
1話で地蔵?と闘う所、3話で主人公がパン屋を全く助けず見捨てたら八つ裂きになった〔しかも全然気にしてなさそう〕所がシュールで面白かったです。

神様のメモ帳
神様のメモ帳は、引きこもってる探偵の話。
これ、もしかしてアニメ化向いていないライトノベルなんじゃないの?
登場人物が状況を台詞で説明するシーンが大半で、動画ならではの面白さがない…。

うたの☆プリンスさま♪
うたの☆プリンスさま♪は、観てたら思わずゲロ吐きそうになっちゃって最後まで観ていません。
ただ、神様のメモ帳よりは評価しています。
少なくとも観ながら他の事したくなるような没個性の作品ではなく、人の気分を害する位にとんでもなくパワフルな作品でした。
元気があって良いと思います。
私は体調不良耐えてまで観ないけれど。

今期深夜アニメは大きなお友達向け、所謂王道ブヒアニメが無い?
アイマスは人数多すぎ、ロウきゅーぶ、神メモはロリすぎ、クロワーゼはニッチすぎ、
敢えてセクシャル要素を排除している日常は萌え豚的に扱いづらいだろうし、まよチキも作風がB級で王道って感じではありません。ISって丁度いいバランスのアニメだったんだなぁ…。
結構制作側が作りたいもの好きに作ってる印象の夏です。

代わりに女性向はかなりギャルゲの女版みたいな世界観の番組が多いですね。
実写ドラマも何か今男装もの3つやってるし、イケメンパラダイスには事欠く事なさそうです。
ツンイケメンを落とす系の美男ですね、デレイケメンにちやほやされる系のホスト部は観たけどギャルゲ脳だからか、私はホスト部が面白かった。
実写ドラマの理不尽に虐げられる展開ってイライラするけど、理不尽にちやほやされるギャルゲもイライラする。
中間ってないのー?