読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹は52歳

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

2011年春アニメ個人ランキング-何故アニメで萌えギャグは強いのか?30分内に全て説明するという事-

1位:DOG DAYS
2位:緋弾のアリア
3位:日常
4位:TIGER&BUNNY
5位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

アリア最終回の先生ゴリラ化で少し悩みましたが、
やはり総合的に考えると毎週ゲラゲラ笑わしてくれたDOGDAYSが私の1位かな、と思いました。

DOG DAYS 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]
価格:
アニプレックス(2011-08-24)
売り上げランキング: 900
DOGDAYS、なのはスタッフ+有名声優陣を使った本気ぶりの割りに内容が結構ズッコケで、随分贅沢なシュールアニメでしたね〜。
これは上手く言葉で表せない面白さ。えーと何ていうか、ヒロインが見せ場で別人みたいな顔になったりするアニメなんだけど…
まぁ、興味が沸い人はブルーレイ買おうぜ!
そしてみんなの〔金の〕力で活躍できずに終わったキャラ達にスポットを当てた二期を!!

緋弾のアリア Bullet.2 [Blu-ray]
価格:
メディアファクトリー(2011-07-27)
売り上げランキング: 338
アリアもシュールな世界観が良いアニメでした。
防弾跳び箱とかマンションを要塞にとかすごく馬鹿ですね。
萌え面も、ビッチなリコと猪みたいな幼馴染白雪両ヒロイン共に個性的でキャラがたっていました。
二人に比べるとメインヒロインアリアは少し影が薄いですが、ヒロイン全員が奇天烈ではバランス悪いのでこれで良かったと思います。

日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
価格:
角川書店(2011-06-24)
売り上げランキング: 1119
日常もとてもクオリティの高いシュールギャグアニメ。
ただ、回によって出来に差が激しい点から1、2位にはちょっと及ばないかと思いました。
それでもベスト3は4位以下とはかなり何馬身も差つけた楽しさがあったな。
面白い回の爆発力を安定して出せれば1位の可能性十分にあったのですが…二期も期待します。

TIGER&BUNNYは本編にスポンサーのCMを織り込んだアイデアが面白いです。
一期では最終的にかなりホモセクシャルな番組になりましたが、
それでも継続してスポンサーが付いている所を見るに腐要素をマイナス要素として考える企業は少ないのだと感じます。
アニメ関連はともかくSoftbankはいいのか、それで?
ストーリー重視回が少し勢い不足な所がマイナス。

あの花は故人に未練たらたらの人間達が集まった事でドロドロした展開になるのが面白かった。
ただ、最終回で明かされた幽霊ヒロインの願いが「主人公を泣かせたい〔甘えて欲しい〕」で、
ヒロインに関する人達を集めた俺の日々って一体…という感じになったのが5位の理由。
ゆきあつが女装して泣き出す所ら辺が一番面白かった。

春アニメはとにかくシュール系萌えアニメが豊作だったと感じます。
笑えて萌えるなんて最高!
一般的な人気が出たのはヒーローがクビを恐れる虎兎、ヒロイン達が足引っ張り合うあの花等リアル系統の番組かな?
私はリアル系の話も大好物ですが、この二作は人物の内面や画面からは分からない設定説明をもっとしっかりして欲しかった。
「何故彼がそういう行動を取るのかが分からない」では全然話にのめり込めない。
未だにジェイクさんが虎徹の考えを読めなかったのか〔能力にハンデがある〕、読まなかったのか〔おつむにハンデがある〕不明だよ!

書籍やゲーム等時間的な拘束が無い媒体に比べると、30分動画であるアニメはくどくどした描写をするには向いていないメディアだと思います。
例えばジェイクさん関連の真相が、
「読心術は一度に一人しか効果発揮しないぜ。だからこそのタイマンだぜ。ヒーローを生きて帰したのはネクスト優遇心からだぜ。ネクストだけの国を作りたいのは能力がネクスト限定だからだぜ。バニーちゃんの一撃で即弱体化したのは当然だぜ。肋骨が折れたら普通激痛で歩けないぜ。最後クリームのヘリ壊したのは火事場の馬鹿力だぜ。脱獄しなかったのはクリームを待ってたからだぜ。全裸は単なる趣味だぜ」
だったとして、これ音読しただけでも数分かかりそうです。

描かなかったら「わかんねー」と言われて、描いたら「説明なげー」と言われる。
鹿と校長が格闘してボカーン!とかおっぱい見えた!とかみたいな説明不要の内容の方がアニメ向きで有利ですよね。

が、TIGER&BUNNYやあの花のようなコンセプト自体は応援したい。
この課題を克服したアニメが作られていくといいと思います。