読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョベリバ

本、アニメ、ゲーム感想など。他に恋愛、婚活、ファッション雑談します(*゚▽゚*)

魔法少女まどか☆マギカ11、12話感想弐-考えてみたんだけどやっぱり金持ちの女が良いから-

本編で流れたアヴェ・マリアってバッハの奴ですか?探していたのですが、題名が題名なだけにいっぱいありますね。

何といってもさやかが救われたシーンが良かったな…。
失恋という自己中心的な理由で呪いを撒く存在となってしまった事。
元は平和を守りたいと考えていたさやかにとって苦痛であったと思うので、消滅は救済ですよね。
さやかが想い人との恋愛成就ではなくて、想い人の幸せを願えるようになったのは本当に良かったです。

本当はOPのツーショットを本編でも見たかったんだけどな…。

ただ、さやか、上条君、仁美の三角関係が分かりにくかったのは残念でした。
CDを割った時以外は基本的に好意的で、そのCDの事も後で謝っていた上条君が頻繁に見舞いに来てくれていたさやかに退院の連絡をしなかったというのが疑問でした。
恋愛感情が無かったとしても、友人に対する態度ではないですよね。
「今までは唯一の見舞い客だから友好的に振舞ったが実は嫌っていた」という事だと解釈していたのですが、それだと最終話でさやかの名を呼ぶシーンが理解できません。
超鈍感だったというのなら描写してくれないと…。

仁美の告白シーンも、あまりに唐突で多くの視聴者が「さやかを思って発破をかけているだけでは?」と感じていたようでした。
腕が治った事で商品価値が上がった上条君に目をつけたようにしか見えませんが、
何故よりによってさやかが長い間想っている相手を標的にしたのでしょうか?
確かに感情の話ですから好きになっちゃったらもう仕方ないと思いますけど、仁美ちゃんがもう我慢できない上条君大好き!って感じには見えませんでした。

個人的にはさやかと上条君お似合いだと思うのに。
寝取り魔だけどお金持ちでマドンナ的存在の仁美と、悪い子ではないけど若干KYでほむほむみたいな大人しい子に冷たいさやかだったら仁美を選ぶ男の方が多いかもしれないけど、でもさやかの愛は本当にマジもんなんだよ?
さやかは上条君がヴァイオリンを弾ける弾けない関係なしに、毎日元気付けようとレアCD探してきて健気じゃないですか…。

はぁ…、観たかったな。ヴァイオリン奏者として成功した上条君〔さやかは演奏者としての上条君には拘っていないが上条君の幸せにはやはりヴァイオリンが必要だと思う〕に添うさやか。